読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師の転職サイトで40代の求人が多いのはどれ?

薬剤師の転職サイト。40代向け求人情報を探している人にお得情報をお伝えします。

薬剤師の転職サイトで40代の求人が多いのはどれ?

40代薬剤師の転職

薬剤師の求人って、40代になると急に少なくなる気がしませんか?


私は、子育てなどの都合で一時期仕事をやめていました。

最近落ち着いてきたので仕事を探したのですが、なかなか見つかりませんでした。


今回、同じような人のために、40代の薬剤師求人情報の見つけ方をご紹介します。

 

非公開求人が多いファルマスタッフ

f:id:yasaijuce:20170223101530j:plain

 

薬剤師の転職サイトにも色々ありますよね。

私が転職先を探している時、1番良かったのがファルマスタッフ でした。


ファルマスタッフも、パッと見た感じは他の転職サイトと同じように感じます。

でも、情報の中身が違いました。


ファルマスタッフの得意分野は、独自に集めた非公開求人情報。

非公開っていうのは「他の転職サイトには載っていない」っていうことですね。


そういう情報が、たくさんあるんです。

サイトに登録すると個別面談があるので、その中で希望に沿った求人を紹介してもらえます。

 

非公開求人がおすすめの理由

 

非公開求人が良い点は、2つ。


・ライバルが少ない

・待遇が良い


もちろん、勤務先によって条件はマチマチなんですが、私はそう感じました。

勤務条件の交渉もしやすい印象です。

 

狙い目はブランク歓迎の求人情報

f:id:yasaijuce:20170223101635j:plain

40代のあなたが狙うべきなのは「ブランク歓迎」の求人情報。

ブランクがないとしても、おすすめします。


なぜかというと、わざわざブランク歓迎と書いているところはベテランを求めているわけです。

f:id:yasaijuce:20170223101656j:plain


こういう職場は、40代という年齢は不利になりません。

むしろ、プラス要素になるでしょう。


これはファルマスタッフだけではなく、他の転職サイトでも同じことが言えます。


年齢で良い求人情報にヒットしない人は、ブランク歓迎で探してみるのも有効な手段です。

>>詳細はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薬剤師と介護を両立したい!転職時に大事なポイント

40代薬剤師の転職

40代以上の人には、親の介護という問題が発生しますよね。


介護はしないといけない

仕事もしないといけない


2つの間で板挟みになるのが、40代・50代の宿命なのでしょうか。

f:id:yasaijuce:20170223101418j:plain


薬剤師と介護を両立するためには、職場の理解があるかどうかが1番大事です。


介護を理由に別の職場に転職する人が多いのはそのため。


もし、今の職場は理解がないと感じているなら、すぐ行動すべきです。

我慢して働こうとすると、あなたが先につぶれます。


転職先を探すとき、薬剤師専門の転職サイトを使うと思います。


だいたいが個別面談からスタートするので、そこであなたの希望を率直に伝えましょう。


介護と仕事を両立するためには


・拘束時間の短さ

・休みのとりやすさ


この2つが特に重要です。


面接を受ける前なら、介護のために柔軟な勤務を希望していることを伝えられます。


せっかく転職サイトを利用しても、希望をきちんと伝えない人がいます。


きちんと希望を伝えずに、後から「こんなはずでは」と言っても遅いです。

あなたも、雇用主も不幸になるだけ。


どんな勤務条件を求めているのか。

優先順位を紙に書いてまとめておきましょう。

 

ドラッグストアの薬剤師は土日は絶対出勤なのか?

40代薬剤師の転職

薬剤師の求人情報を見ると、ドラッグストアのものが本当に多いですね。

ドラッグストアは増加傾向が続いているので、しばらくこんな状況が続きそうです。


ドラッグストアの薬剤師のデメリットは拘束時間の長さです。

その分、調剤薬局より給料が高めなんですが…


特に土日はしっかり休みたい人は、ドラッグストアは合わないかもしれません。


ドラッグストア勤務で土日を休むためには、面接時にあなたの希望をハッキリ伝える必要があります。

 

働き始めてから休みたいと言っても無駄です。

雇用契約締結前が最初で最後のチャンスと言えるでしょう。


とはいえ、直接交渉するのって気が引けますよね。


薬剤師専門の転職サイトのサービスを利用して、仲介してもらうのがスムーズだと思います。